2018.05.27 14:20|植物
5月も終わりですね。この春は暖かくなるのが早く、一部のバラは月初には開花していました。その後、気温が落ち着くと同時に、残りは例年通りの開花となりました。


4・5年目になるジュリアはなかなか枝が増えない子で、去年はシュートが出て安心した記憶があります。おかげで少ーし樹形も整ったのですが、見栄えがするようになるにはまだまだかかりそう。

ジュリア
ミルクティーのような色が大好きですが、日持ちがしないので綺麗な状態は1・2日くらい。そろそろ開くなあ~と思ってから庭に出られない日がちょっとあったりすると、こんなふうにもう花びらが落ちかけています(^-^;


つるバラのカクテルは我が家で初めての春。カクテルと言えばわーっと壁一面を覆う姿が想起されますが、まだ枝がないのでカクテルと分からないほど貧相です。

カクテル
鉢が写らないように撮ったら謎のアングルに(^-^;はからずも後ろのサルビアがばっちり写り込み。この「カラドンナ」というサルビア、花色は濃く姿は凛として気品があります。世話いらずで長期間楽しめる、とってもありがたい存在です。
カクテルは作出から50年以上経っても広く親しまれているだけあって、鮮やかな赤い花が一斉に咲く姿、力強く返り咲く性質など魅力に溢れています。数えきれないほどの花が壁面を飾るのを楽しみに、今度の冬はフェンス作りを頑張るつもりです。


たしか、去年は開花直前に枯れ込んでしまったクレマチス・・・。今年はお花を見ることができました!

クレマチス
濃い紫が白い壁をバックにすると蝶のよう。


最後に、いま実をふくらませつつあるイチジクを。

イチジクの実
1年目からたくさん実をつけたりもするらしいのですが、我が家では2年目(だっけ?)の去年やっと少し実がついたものの、収穫前におそらくは鳥に獲られていて。。今朝はこの写真よりもだいぶ実が太っていました。今度は獲るタイミングを考えないと(^^)!

イチジクは私も大好きですが(特にドライのもの)、植えたのは主人の希望です。なにやら主人の祖父のおうちに昔イチジクの木があって想い出があるようなのですが・・・そのわりに、世話はしません。
イチジクは一文字仕立てが一般的なようですが、本格的に果樹として栽培する意気込みはないので(場所をとるし気合が足りないので(*_*;)自然に任せようと思います。とはいえ枝が増えないと実も増えないので、主人にも剪定くらいはやってもらおう。ぼんやりした想い出だけでなく具体的な目標を持ってもらえば(息子に「実家にイチジクの実がたくさんなってたなあ」と思い出してもらえるような木にしたい、とか)やる気が出るかも?ドライイチジクたたくさんできたら、ケーキにもパンにも使えるし私も万々歳です~。

更新の励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村







 
スポンサーサイト
2018.05.01 14:00|暮らし
またまたご無沙汰してしまいました(^-^;
今日から5月、我が家のバラも一部咲き始めていますが、いかんせん管理が行き届いておらず・・・それでも記録のため、近いうちに春の庭(すでに初夏の陽気ですね)を写真に収めたいと思います。

今日はこのところずっと書きたかった、春のお菓子シリーズ(手作りではなく買ったものばかり)。


この時期は抹茶ものがたくさん紹介されていますね。4月からテレビCMでもよく見かけた、ミスドの「抹茶スイーツプレミアム」、私と同じように買いに走った方も多かったのではないでしょうか(CMってホント美味しそうにできてますよね・・・)。


抹茶シリーズ
購入した際、包装は箱が良いか紙袋が良いか聞かれて、たった3つなのに箱?と思ったのですが、このように特別仕様の箱があったのでした♪ちなみに2回目に買ったときは聞かれなかったので、箱は数量限定だったのかな?4月いっぱいでシリーズ終了だったのかすでにHPに載っていませんが、祇園辻利とのコラボ企画だったはず。箱も雰囲気出てます。


3個でも横に置いてぴったり入るようになっていました。

抹茶シリーズ2
左から、黒糖ドーナツ宇治抹茶わらびもち、宇治抹茶ホイップ、ドーナツシュー宇治抹茶あずき(のはず)。ドーナツシューに一番期待していたのですが、意外にも(私の偏見ですが)イマイチとなりそうなわらびもち、色々な味と食感が楽しめてリピート購入しました♪抹茶ホイップは定番のエンゼルクリームが好きな方には予想通りの美味しさ(^^)



お次は恒例のエッグスンシングスで抹茶まつり~♪

抹茶パンケーキ
「香る、宇治抹茶パンケーキ」。以前に京都四条店で限定販売した商品なのですが、京都に住んでいたことがある身としては大変気になっていたのでした。もちろんそのためだけには京都へ行けませんので、このような全国展開は嬉しい限り☆抹茶のソースはなかなか濃厚で、添えられた最中には抹茶アイスと白玉も入っています。食べ応えもすごいですね。この日は珍しくサイドメニューのおつまみ的なものも頼んだですが、「やっぱりパンケーキだけで十分だね・・・」と最後は若干苦しくなりながら店をあとにしました。
それにしても、私がただのパンケーキ好きなのかエッグスンシングスのパンケーキが秀逸過ぎるのか、いつもつい限定メニューを頼んでしまうため四季折々の商品を食べているのですが、漏れなく満足させてもらっています♪



最後は抹茶ではございません。菜の花を見たいという夫の希望に応え、横須賀の公園・ソレイユの丘へ行った際・・・

菜の花畑
(奥にぼんやり見えるのは富士山です)

一面の菜の花をバックに食べた「アルパカ・ソフト」。まさに花より団子。

アルパカソフト
も~う、これ可愛くて可愛くて。アルパカを再現しようという試み自体にも敬服。ソフトクリームにこういうデコレーションって私は初めてですが、よくあるものなのでしょうか。なぜアルパカなのかと言えば、もちろん園内でアルパカを飼育しているからです(^^)
耳にアーモンド、目にチョコ、鼻にクッキーを使っています。ちょっと食べかけてしまった写真なのでもうないのですが、頭部分に毛を表現した綿あめも乗っていました。とってもこだわって作られています。もう一度会いたい♪会ってすぐお別れする宿命ですが。。

ソレイユの丘は菜の花畑だけでなく、野菜を育てて収穫するエリア、小動物に触れあえるエリアがあったり(アルパカはここにいます)、芝そりや水あそびも楽しめます。近年、観覧車などの遊園地要素やキャンプ施設もできますます充実してきました。子どもがしっかり歩けるようになったらまた遊びにいきたい場所です。


暑くはなく、庭仕事もお散歩もしやすい4月は一番好きな時節ですが、今年は夏のような日も何度かあり、将来的に春がなくなるのでは・・・と心配です。そんな4月にひとつ歳をとり、改めて毎日を大切に暮らしたいと思う私でした。まずは自宅の庭を毎日見まわるくらいの心のゆとりが欲しい(^-^;我が家の植物にとっては限られた生をまっとうする庭、責任もって守らねばなりませんね。

ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






 
2018.03.20 17:14|洋裁
早くも桜が開花かと思えば、真冬に逆戻りした今日。明日も極寒とのことですが、開きはじめた蕾がびっくりしてしばらくお休みしませんように・・・もう開花と思っていたのだから、見たい気持ちが抑えられないのです。


趣味の洋裁がなかなかできない日々ですが、ようやく作ったものがあります。リビングの腰高窓のカーテンです。
ここは幅60センチくらいのシングルハング窓で、そんなに大きいわけではないけど南に面しています。外は屋根のあるテラスになっているので日差しは柔らかいですが、室内の焼けや外からの視線をカバーするために、ずっとカーテンをつけるつもりでした。細かいことは気にしないタイプの夫が「早くつけて」と言ってくるくらいなので(上半身裸でうろうろするとさすがに外が気になるらしい)、期限を決めて春までに・・・!ということでやっつけ仕事で(^-^;

やっとのカーテン
裾がレースになっている透ける生地の、普通のドレープカーテン。上記のことから「透けていいの?」と思われるかもしれませんが、窓自体の性質として日中は外から中の様子はあまり見えないし、隣の掃き出し窓のカーテン(写真手前のブルーグレーの部分)がボリュームがあるので軽い感じにしておきたかったのです。夜、照明をつけると人影がはっきり見えるようになりますが、通りからは離れた窓なので細かいことまでは見えないんじゃないかなー?と思っています。今度外からチェックしてみます(^-^;


上の写真を斜めから撮っているのにはわけがあります。あまりにも適当に作ったので、ひだ幅が均等じゃないんですね。。正面から撮ると汚いのでごまかしています。ただ、裾レースが可愛いので近くからのショットも・・・

やっとのカーテン2
生地自体はオフホワイトで、レースの刺しゅうは生成り。気にならないくらいの存在感がちょうど良かったな。
カーテンフックはつけておらず、まとめたいときのために共布のリボンでも作っておきたいと思います。



さて、先に触れた隣のカーテン(ブルーグレーの)ではひとつ問題が起こっています。

白コート
あれ?カーテンに並んで洋服?こちらはこの冬に作った子どものコートです。我が家ではいまのところ子どものクローゼットはなく、息子の衣類は畳んで布箱にしまっています。しかしコートは畳むわけにはいかず掛ける場所に困り、最近このカーテンホルダーにハンガーを引っ掛けているのです(*_*)
カーテンホルダーはタッセルを掛けてもいいしカーテン自体を掛けてもよいのですが、ハンガーが掛かっていると当然ながらどちらも掛けづらいです。結果、このカーテンは左右に引くだけでまとめずにいます(^-^;これが当たり前になってしまう前に、衣類の収納を考えないといけませんね。あ、その前に春になってコートがいらなくなるか・・・?


ちなみにコートは、特価のイタリー製ウールの表地に、ハギレのソレイアードのキルトを合わせました(フード部分)。このハギレ、いくら100円でも何にも使えないよね!ってサイズだったのですが、2枚組み合わせてどうにか。ソレイアードでしかもキルトだからつい買っちゃったものの、ぎりぎり足りるくらいだったのでコートに使えなかったら無駄になってたかもしれません。活かせて良かった(^^)
お花柄ですが茶系だし、男の子に着せてもまったく気にしていなかったコートですが、最近外出すると「女の子?」と聞かれることが何度かあったので(女の子と思われたことはこれまでほぼない)、今考えるとコート効果だったのかもしれません。自分の好みで作った服を着せられるのも、本人の主張のない今のうちですね♪

お越しくださりありがとうございます。ご意見お寄せくださいますと嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






 
2018.02.05 15:52|暮らし
今年はもう少しマメに更新したいと密かに思ってましたが・・・前回からすでに1ヶ月。昨日は立春でしたがなるほどとても暖かく、日中はコートいらずでした。暦というものはじつにうまくできていますね。

暖かくなってきたところでいまさらですが、この冬は全国的に雪が多かったとのこと。我が家のあたりでは2度降りました。1度目はかなり積もって、車のタイヤをスタッドレスに替えていなかったので残り雪が怖くて3日は乗れなかったほど(^^;)
それでも毎年降るわけではない雪が積もってくれると嬉しいものです(年々気候が変わってきてますけどね)。一応たっぷりの雪の写真を収めておきたいと思います。

庭はすべてが雪で覆われました。

雪の庭1
奥の柵の感じなどで分かるかもしれませんが、20センチくらいあったんじゃないかな?短めの長靴で庭に出たら全然足りず、すぐ引返しました。それにしても新しい雪はやっぱりふわふわで綺麗ですね!赤ちゃんを置いて雪いじりするわけにいかなかったけど、子どもがもう少し大きくなったら一緒に雪で遊びたい。これくらいの雪、また降ってくれるかなあ。

雪の庭2
うちの庭木はまだまだ背が低いものばかりですが・・・そのなかでは大きいほうのハナミズキも埋まり気味。左側は地植えのバラですが、これもどうにか顔を出している状態。柵の支柱に積もる雪が丸っこくて可愛い。


雪の庭3
先月、数ヶ月前に購入していた樹脂アーチをようやく設置しました。初公開なのに雪に埋もれた写真です(^^;)
しっかり固定したいし、主人はあまりやる気がなさそうなので業者さんに頼もうかなあと思っていましたが、説明書を読んだら自分たちでできそうと前向きになった主人。実家の家族の手も借りてどうにか建てることができました。素人なので水平をとるのが難しく、最後は「DIYは自己満足だから大丈夫」とアラは気にしないことにしましたが。。

地中でも春は始まっていると思いますが、これでバラを誘引する準備ができたので遅ればせながら庭仕事を粛々と進めたいと思います。



さて、雪も積もった寒い冬に活躍したものといえば・・・我が家ではこの長いもの!ドアなどからのすきま風を抑える、ドラフトエクスクルーダーです(ドラフトっていうとまず野球が思い浮かんでしまいますが、すきま風のことをいうのですね)。これは毛糸のぬいぐるみですが、クッションのような体裁のものなど色々あるようです。

お役立ちドッグ
2年くらい前に素敵なアンティークショップで見かけて以来気になっていたのですが、そのとき見たものはこれと同じく犬の形をしたイギリス製の大変お洒落な代物でした。当時の私には「素敵だけど、すきま風を抑えるためだけの置物がこんなに高価なんだ・・・」という印象でした。しかしその後、我が家を訪れた妹が「風が気になる」と言ってリビングドアの下にマフラーを敷いたところまったくすきま風がなくなったということがあって。
それで満を持してこの秋、そのお店に行ってみたのですが今シーズンは扱っていなかったのです。意気消沈しつつも探してみたら、キャスキッドソンでこちらを見つけて購入。わりと派手な色合いで前に気になったものと雰囲気は違うのですが(もう記憶はぼんやりだけど、良いと思ったけど手に入らなかったものってどんどん美化されますよね)、本来の役目はばっちり果たしてくれています。見た目も可愛らしいし、気に入ったものがあればインテリアとしても活躍する優れものだと思います♪

それにしても、まだ新しい部類に入る家だというのにすきま風?と思われるかもしれません。我が家ですきま風があるのはこのリビングドアだけなのですが、それはわざとドア下をぴっちりしないで通風があるようにしているということだったのですがその理由を忘れてしまいました。なんでだっけ?大事なことを忘れてしまいました・・・(^^;)まあ、意味があるなら物理的にテープなどで密閉するのでなく、簡単にどかせる可愛いぬいぐるみで冬だけはやり過ごすくらいでいいのかもしれません。



おまけの写真です。

チョコレート・ドーナツ
ここのところお気に入りのクリスピー・クリーム・ドーナツ♪この時期はチョコレートがテーマです(^^)
しかし、じつは一番近くにあったクリスピー・・・が予告もなく(あったのかもしれませんが、閉店の数日前に行ったときにはとくに何も知らされなかった)閉まってしまい、大変ショックを受けています。今後は遠出しないと手に入らない~(>_<)今回は妹がほかの店舗で買ってきてくれました。
はあ、あまり食べ過ぎるなというドーナツの神からのメッセージなのでしょうか。そろそろ、閉店の現実を受け入れたいと思います。

更新の励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村







 
2018.01.09 16:52|料理・菓子
年が明けてはや10日。明けまして・・・というのも間が抜けてしまいますが、頻度の低いブログのこと、年初めのご挨拶をさせていただきます。どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。


今年に入ってやったことと言えば、おせち作りや主人の実家へのご挨拶・・・記事にすることはあまりないなあと思ったら、いやいやこの三連休に久々のDIYをしていました!庭にアーチを設置中。ただし全部終わらず次回に持ち越しているので、その話題はまたの機会に。今日は昨年の話題になってしまいますがクリスマスケーキ作りの記録を(^^;)


普段は焼きっぱなしのケーキが多い私ですが、クリスマスくらいはいわゆるデコレーションケーキを作りたいものです♪自分ができることを増やしたいし、家族にも楽しんでもらいたいので・・・しかし0歳児がいるのでまとまった時間はとりづらく、ケーキ自体は簡単なチョコレートケーキにすることに。それで見栄えのしそうなデコレーションを考えてマカロンを作ることにしました。


マカロン作り
ブラックココアパウダーを使ってこげ茶色のマカロンに。クリスマスだから赤や白という選択肢もあったのですが、赤は色味を失敗すると変なことになりそうだし、白(何もいれない)ももったいない気がして。チョコケーキにココアマカロンなので組み合わせは問題ないですが、つまらないという意見も(^^;)今回はマカロナージュを意識してやって、ハロウィンのときよりは進歩(1ヶ月遅れのハロウィン・パーティー記録)!割れ目もいくつかは入っちゃったけど無事なほうが多かったし、何しろちゃんとピエが出たので嬉しかったです。


マカロン完成
中にはイチゴのフリーズドライを使ったバタークリームを挟みました。チョコ色ばかりだとやっぱり寂しいので、差し色は赤系ってことに・・・。ピエができたと思ったら(っていってもたまたまかもしれない。。)次はクリームを綺麗に塗りたい。マカロンをきちんと作れるようになったらお菓子作りの幅が広がりそうなので、普段からたまに作って慣れたいなと思いました。


チョコレートケーキにon!

マカロン・チョコレートケーキ
チョコケーキのチョコは製菓用じゃなくて普通の板チョコですが、生クリームをたっぷり使ってリッチなお味。スポンジは卵白のメレンゲでなくて全卵をひたすら泡立てるというレシピで、どっしり食ごたえがありました。
やはり赤系のベリーとチョコクリームでデコレーション。回転台からガラス皿へ移すのが難しかったですが、なんとか足元のクリームも一緒に移動させました。


特別クリスマスっぽくもないですが、マカロンが一応形になったので自分としては満足!しかし、ディナーまで冷蔵庫に入れておいたところ、飲み物をとるために冷蔵庫を開けた主人が爆笑!!上手とまでいかなくても頑張ったのに・・・主人の放った言葉は「マカロンが立ってる~(笑)」でした。なるほど~、ケーキの出来の問題じゃなくて、お菓子に見慣れていない主人から見るとマカロンが縦においてあるなんてすっごく奇異な光景だったのね(*_*;普段はそんなに笑わない人なのに、ホントに爆笑していたんです。横向き(1つ上の写真の状態)ならおかしくなかったそうで。まったく笑いは狙ってなかったのに、まあ何も反応ないよりはいいのかな~。主人以外の家族からは見た目も味も高評価でした♪



以下おまけの写真です。

カーテンのクリーニング
年の瀬となり、リビングのカーテンをクリーニングに出しました。ほかの部屋は自分で作ったものも多いのでわざわざ外に出さないのですが、これだけはシルクだしお値段もそれなりにしたので(^^;)預け先は白洋舎さん。

白洋舎さんでカーテンなんてお高いのでは・・・というイメージがあったのですが、掃き出し窓1つで4000円くらいでした。生地の平米数で計算するので、ひだが大きかったり天井から垂れるカーテンだったりするとより高くなりますが、素材は問わないしバランスやタッセルも追加料金なしでしたので、個人的には思ったより安いという感じでした。もちろん1年に一度くらいならという条件つきですが(^^)どれくらいの頻度でクリーニングするのが良いのかお店の方に聞いてみたところ、1年に一度という方が多いとのこと、それなら来年以降も!と、年末の仕事を自らに課した2017年でした。

ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






 
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cinnajiro

Author:cinnajiro
はじめまして。cinnajiroです。のんびり過ごす休日が好きです。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ショッピング

カテゴリ

ショッピング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR