2018.02.05 15:52|暮らし
今年はもう少しマメに更新したいと密かに思ってましたが・・・前回からすでに1ヶ月。昨日は立春でしたがなるほどとても暖かく、日中はコートいらずでした。暦というものはじつにうまくできていますね。

暖かくなってきたところでいまさらですが、この冬は全国的に雪が多かったとのこと。我が家のあたりでは2度降りました。1度目はかなり積もって、車のタイヤをスタッドレスに替えていなかったので残り雪が怖くて3日は乗れなかったほど(^^;)
それでも毎年降るわけではない雪が積もってくれると嬉しいものです(年々気候が変わってきてますけどね)。一応たっぷりの雪の写真を収めておきたいと思います。

庭はすべてが雪で覆われました。

雪の庭1
奥の柵の感じなどで分かるかもしれませんが、20センチくらいあったんじゃないかな?短めの長靴で庭に出たら全然足りず、すぐ引返しました。それにしても新しい雪はやっぱりふわふわで綺麗ですね!赤ちゃんを置いて雪いじりするわけにいかなかったけど、子どもがもう少し大きくなったら一緒に雪で遊びたい。これくらいの雪、また降ってくれるかなあ。

雪の庭2
うちの庭木はまだまだ背が低いものばかりですが・・・そのなかでは大きいほうのハナミズキも埋まり気味。左側は地植えのバラですが、これもどうにか顔を出している状態。柵の支柱に積もる雪が丸っこくて可愛い。


雪の庭3
先月、数ヶ月前に購入していた樹脂アーチをようやく設置しました。初公開なのに雪に埋もれた写真です(^^;)
しっかり固定したいし、主人はあまりやる気がなさそうなので業者さんに頼もうかなあと思っていましたが、説明書を読んだら自分たちでできそうと前向きになった主人。実家の家族の手も借りてどうにか建てることができました。素人なので水平をとるのが難しく、最後は「DIYは自己満足だから大丈夫」とアラは気にしないことにしましたが。。

地中でも春は始まっていると思いますが、これでバラを誘引する準備ができたので遅ればせながら庭仕事を粛々と進めたいと思います。



さて、雪も積もった寒い冬に活躍したものといえば・・・我が家ではこの長いもの!ドアなどからのすきま風を抑える、ドラフトエクスクルーダーです(ドラフトっていうとまず野球が思い浮かんでしまいますが、すきま風のことをいうのですね)。これは毛糸のぬいぐるみですが、クッションのような体裁のものなど色々あるようです。

お役立ちドッグ
2年くらい前に素敵なアンティークショップで見かけて以来気になっていたのですが、そのとき見たものはこれと同じく犬の形をしたイギリス製の大変お洒落な代物でした。当時の私には「素敵だけど、すきま風を抑えるためだけの置物がこんなに高価なんだ・・・」という印象でした。しかしその後、我が家を訪れた妹が「風が気になる」と言ってリビングドアの下にマフラーを敷いたところまったくすきま風がなくなったということがあって。
それで満を持してこの秋、そのお店に行ってみたのですが今シーズンは扱っていなかったのです。意気消沈しつつも探してみたら、キャスキッドソンでこちらを見つけて購入。わりと派手な色合いで前に気になったものと雰囲気は違うのですが(もう記憶はぼんやりだけど、良いと思ったけど手に入らなかったものってどんどん美化されますよね)、本来の役目はばっちり果たしてくれています。見た目も可愛らしいし、気に入ったものがあればインテリアとしても活躍する優れものだと思います♪

それにしても、まだ新しい部類に入る家だというのにすきま風?と思われるかもしれません。我が家ですきま風があるのはこのリビングドアだけなのですが、それはわざとドア下をぴっちりしないで通風があるようにしているということだったのですがその理由を忘れてしまいました。なんでだっけ?大事なことを忘れてしまいました・・・(^^;)まあ、意味があるなら物理的にテープなどで密閉するのでなく、簡単にどかせる可愛いぬいぐるみで冬だけはやり過ごすくらいでいいのかもしれません。



おまけの写真です。

チョコレート・ドーナツ
ここのところお気に入りのクリスピー・クリーム・ドーナツ♪この時期はチョコレートがテーマです(^^)
しかし、じつは一番近くにあったクリスピー・・・が予告もなく(あったのかもしれませんが、閉店の数日前に行ったときにはとくに何も知らされなかった)閉まってしまい、大変ショックを受けています。今後は遠出しないと手に入らない~(>_<)今回は妹がほかの店舗で買ってきてくれました。
はあ、あまり食べ過ぎるなというドーナツの神からのメッセージなのでしょうか。そろそろ、閉店の現実を受け入れたいと思います。

更新の励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村







 
スポンサーサイト
2018.01.09 16:52|料理・菓子
年が明けてはや10日。明けまして・・・というのも間が抜けてしまいますが、頻度の低いブログのこと、年初めのご挨拶をさせていただきます。どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。


今年に入ってやったことと言えば、おせち作りや主人の実家へのご挨拶・・・記事にすることはあまりないなあと思ったら、いやいやこの三連休に久々のDIYをしていました!庭にアーチを設置中。ただし全部終わらず次回に持ち越しているので、その話題はまたの機会に。今日は昨年の話題になってしまいますがクリスマスケーキ作りの記録を(^^;)


普段は焼きっぱなしのケーキが多い私ですが、クリスマスくらいはいわゆるデコレーションケーキを作りたいものです♪自分ができることを増やしたいし、家族にも楽しんでもらいたいので・・・しかし0歳児がいるのでまとまった時間はとりづらく、ケーキ自体は簡単なチョコレートケーキにすることに。それで見栄えのしそうなデコレーションを考えてマカロンを作ることにしました。


マカロン作り
ブラックココアパウダーを使ってこげ茶色のマカロンに。クリスマスだから赤や白という選択肢もあったのですが、赤は色味を失敗すると変なことになりそうだし、白(何もいれない)ももったいない気がして。チョコケーキにココアマカロンなので組み合わせは問題ないですが、つまらないという意見も(^^;)今回はマカロナージュを意識してやって、ハロウィンのときよりは進歩(1ヶ月遅れのハロウィン・パーティー記録)!割れ目もいくつかは入っちゃったけど無事なほうが多かったし、何しろちゃんとピエが出たので嬉しかったです。


マカロン完成
中にはイチゴのフリーズドライを使ったバタークリームを挟みました。チョコ色ばかりだとやっぱり寂しいので、差し色は赤系ってことに・・・。ピエができたと思ったら(っていってもたまたまかもしれない。。)次はクリームを綺麗に塗りたい。マカロンをきちんと作れるようになったらお菓子作りの幅が広がりそうなので、普段からたまに作って慣れたいなと思いました。


チョコレートケーキにon!

マカロン・チョコレートケーキ
チョコケーキのチョコは製菓用じゃなくて普通の板チョコですが、生クリームをたっぷり使ってリッチなお味。スポンジは卵白のメレンゲでなくて全卵をひたすら泡立てるというレシピで、どっしり食ごたえがありました。
やはり赤系のベリーとチョコクリームでデコレーション。回転台からガラス皿へ移すのが難しかったですが、なんとか足元のクリームも一緒に移動させました。


特別クリスマスっぽくもないですが、マカロンが一応形になったので自分としては満足!しかし、ディナーまで冷蔵庫に入れておいたところ、飲み物をとるために冷蔵庫を開けた主人が爆笑!!上手とまでいかなくても頑張ったのに・・・主人の放った言葉は「マカロンが立ってる~(笑)」でした。なるほど~、ケーキの出来の問題じゃなくて、お菓子に見慣れていない主人から見るとマカロンが縦においてあるなんてすっごく奇異な光景だったのね(*_*;普段はそんなに笑わない人なのに、ホントに爆笑していたんです。横向き(1つ上の写真の状態)ならおかしくなかったそうで。まったく笑いは狙ってなかったのに、まあ何も反応ないよりはいいのかな~。主人以外の家族からは見た目も味も高評価でした♪



以下おまけの写真です。

カーテンのクリーニング
年の瀬となり、リビングのカーテンをクリーニングに出しました。ほかの部屋は自分で作ったものも多いのでわざわざ外に出さないのですが、これだけはシルクだしお値段もそれなりにしたので(^^;)預け先は白洋舎さん。

白洋舎さんでカーテンなんてお高いのでは・・・というイメージがあったのですが、掃き出し窓1つで4000円くらいでした。生地の平米数で計算するので、ひだが大きかったり天井から垂れるカーテンだったりするとより高くなりますが、素材は問わないしバランスやタッセルも追加料金なしでしたので、個人的には思ったより安いという感じでした。もちろん1年に一度くらいならという条件つきですが(^^)どれくらいの頻度でクリーニングするのが良いのかお店の方に聞いてみたところ、1年に一度という方が多いとのこと、それなら来年以降も!と、年末の仕事を自らに課した2017年でした。

ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






 
2017.12.21 23:01|料理・菓子
気がつけば、クリスマスまであと数日!例年ならディナーのメニューを考えたり、おうちのインテリアを少しはらしくしたりするのですが・・・今年は子どもが生まれたのをいいわけにさぼり気味。それでも甘い物大好きな私のこと、ケーキの準備だけはしています。そしてこの時期欠かせない(私のなかでは、ですが)、クリスマスを指折り数えて食べるシュトレン。今年は初めて手作りしてみました。

あっと、その話題の前に、指折り数えるためのもうひとつのアイテムをご紹介。

アドベントカレンダー
子どもの頃、母が用意したアドベントカレンダーの窓を開けることはありましたが、もう何年もそうした機会はありませんでした。こちらは妹がうちの息子にくれたカレンダーで、みての通りきかんしゃトーマスのもの。写真を撮ったときは窓はほとんど開いていませんでしたが、現在ではトーマスだと分からないくらい開いています(*_*;あと数日ですものね。

トーマスの故郷・イギリスのKinnertonという菓子メーカーのもので、窓の中にはチョコレートが1つずつ入っていて毎日楽しめるという優れもの。しかし、外国のチョコレートって味はどうなの?と日本人的には思ってしまいましたが(やはり国内メーカーのチョコは安定のお味)、クセもなく美味しいです。暖かいリビングに置いているので溶けてしまうことも心配したのですが、それも大丈夫そう。



さてさて、本題のシュトレンですが・・・

シュトレン
せっかく初めて作ったので過程も記録したかったですが、いきなりもうほぼ完成したところ!
シュトレンにもいろいろ作り方があるのでしょうが、先日購入した門倉多仁亜さんの『ドイツの焼き菓子』のレシピで。初めてだしうまくいかなくてもしょうがないな~と思っていましたが、パン作りはいくらかしているので戸惑うこともなく作ることができました。しかし、焼き終えてから表面に塗るバターの量が多くてびっくり!(それも数日に渡って繰り返し!)これって風味のためなのか、保存のためためなのか、両方あるのかもしれませんが食べる身としては少々減らしたい。でも初めてだから勝手に変えて本来の味が出なくても困る・・・とレシピ通りたっぷり塗りました。自分で言うのもなんですが、バターをケチらず使った甲斐あってか、とても美味しかったです。

もう10年ほどイノダコーヒーのシュトレンを買い続けてきましたが、節約も兼ねて今年は手作りしてみました。シュトレンて結構お高いですものね。でも今回作ってみて、手間がかかることが分かりお値段にも納得。
肝心の味は、イノダコーヒーのも大好きだけれど、作るのに慣れればもっと好きな味にできそう。年に一度の機会だから、自分で作って楽しむのもありかな・・・。


シュトレン2
マジパンを入れるレシピで、これも自分で作ったものを使いました(左のほうの丸い部分)。シュトレンはいかにもパンっぽい軽い食感のものもありますが、しっとりとケーキっぽいほうが私は好きです。今回の出来上がりはしっとりしていて私の好み♪薄く切って朝食後に食べていましたが、一度にひと切れ・・・ならずふた切れのこともよくあり、クリスマスを待たずに食べ終わってしまいましたが。


2本作れるレシピでしたので、1本は実家へ。

クリスマスまでに
100均で買っていたクリスマス仕様のオーブンシートでくるんで。最近、ブログに100均商品が登場し過ぎのような?いやはや、100均便利過ぎ、魅力的なものあり過ぎです(^^)ちなみにリボンは去年のクリスマス・リースに使って、クリスマスというよりイタリアン?と言っていたような?



おまけの写真です。

シナモンのパン
バターは使わない不思議なビスケット。シナモンシュガーを巻き込んだうずまきが可愛い。甘さ控えめなホイップクリームをつけて食べました。朝食にも向いているけど、時間のある週末でないと朝から作るのは難しい。もっと簡単なパンケーキでさえ、平日の朝に作る気はなかなかおきないもの・・・。さっと気楽に作ることができれば、毎日が朝から幸せなのにねえ。

お越しくださりありがとうございます。ご意見お寄せくださいますと嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






 
2017.12.20 04:30|洋裁
この冬は寒くなりそうですね。雪は多いのかしら・・・。温暖な地域のためまったく降らない年も多いですが、ここ数年は年に一度はすっかり真っ白になっていた気がするし、気候が不安定になってきているので予想もできません。

まだダウンコートを着たお出かけは一度もしていませんが(あ、家のなかでユニクロのウルトラライトダウンは着てましたわ・・・)、クリスマス頃には必須の寒さになっているでしょうか。大人になってからは冬の定番アウターとなったダウンですが、学生の間はウールなどのコートが多かった私。ダウンに慣れてしまうとちょっとのすきま風も我慢できなくなってしまったようで。もちろんお洒落で細身なダウンコートもありますが、寒さより見た目を重視するならすっきりしたトレンチやピーコートを着たいものです。

そうそう、私のなかでいまピーコートを着たい気持ちがむくむくと溢れてきていて・・・なんででしょうかね。ショート丈の真っ赤なピーコートを持っているのですが、年齢もあがってきたし悪目立ちしないか?とここ数回手にとっては着るのをやめました。トレンド無視し過ぎ!とも思っていますが(とはいえ今年のトレンドを知らず・・・)、ピーコートは永遠の定番でしょ、と開き直って一度は着るつもりです(^^;)赤が着たいのはクリスマスが近いのもあるかもしれません♪


前置きが長くなりました。今日はコートのことを書こうと思ったものですから。

女の子のコートと帽子
こちらは先月、姪の2歳の誕生日プレゼントとして制作したもの。帽子もおそろいです。
以前、中山久美子ジェラルツさんの『Mon Petit Ange 私のちいさな天使―パリから届いた赤ちゃん服』という本のことを書かせていただきましたが、その本の作品でずっと作りたいと思っていました(やっぱり可愛い女の子の服)。ふわふわと暖かい生地はすでに去年の冬、買っていたもので。作るのは1年後のつもりでしたが、やっぱり冬物は冬じゃないと素敵なものが手に入らないものね(^^)

マフラーのような衿がついたコート。帽子のリボンはシルバーっぽいグレーにしました。クリスマスが近いから、緑の生地に赤いリボン・・・も考えましたがちょっと衣装っぽくなっちゃう気がして。いずれにしても、深い緑色は2歳の女の子には地味かしらと思いつつ、既製品にはあまりないところが手作りの醍醐味じゃない!と自分に言い聞かせて。


裏地
ちなみに裏地は赤系にしました。山吹色のラインが入ったえんじ色のビエラ。着ると裏地はほぼ見えませんが、ちょっとだけクリスマス気分?
贈り物を届けると、お出かけのときに着るねと姉からお礼の連絡がありました。が、すぐに大きくなってしまうこどものこと。ぜひぜひ普段着にたくさん使ってと返信。女の子の服作りに憧れている私、今回は女の子女の子しているデザインじゃないけど、姪が着ているのを想像して作るのが楽しかった。フリルやピンタックなんかが入った女の子っぽい服も今度作りたいなあ(^^♪



さて、11月いっぱいはハロウィン仕様だった我が家の玄関ドア。

ハロウィンのドア
よく見えないかもしれませんが、フクロウや月をかたどった黒いシールが貼ってあります。100均さまのおシール、大活躍です・・・。


クリスマスのドア飾り
クリスマスのシールに貼り換えて、去年作ったリースをそのまま掛ける。今年はひと手間かける気持ちの余裕もなくて(^^;)ほかにもクリスマス・ツリーのスカートやらプレゼントをいれる靴下やら、今年作れなかったもの、来年の今ごろは仕上がっているといいな。

ツリー
今回も100均さまのおシール。扉のモールに合わせてゴールドのものを買いました。


ハロウィンの窓
じつはハロウィンのリースは作っていたのですが・・・鈴や木の実をつけたごく簡単なもの!この窓もいまはクリスマスのシールに変わっています。


ツリーの飾りつけすら今年はろくにできていない我が家。クリスマスまであと少し、もう少しいろいろと恰好がつくと良いのだけれど・・・。子どものプレゼントにと制作中のものがあるので、どうかそれだけは完成しますように・・・☆

更新の励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






 
2017.12.01 09:45|料理・菓子
はやいもので今日から師走。そうなる前に書きたいと思っていたことが・・・せめて11月中にアップしてしまいたかったのは自宅でのハロウィン・パーティーの記録。家族の都合のため、開催したのが11月半ばとすでに遅れていたのですが(*_*

子どもは0歳児の息子だけだし、自分がお菓子を食べたい!というのが一番の目的のパーティーです(日頃から食べてますが・・・)。子ども本人はこういうイベントを楽しむタイプになるかまだ分かりませんが、私自身はせっかくの季節の催しは楽しみたいので。私が小学生の頃、日本ではハロウィンはまだなじみのないものでしたが、近所にアメリカ人家族が住んでいらしたため親しむことになりました。仮装してお菓子をもらいに行って・・・仮装の衣装もいまみたいに簡単に買ったりできなかったので、自分で作ったりして(黒いビニール袋で魔女の服とか)楽しかったなあ。
ほかにイースターのときはその方のおうちの庭でカラフルな卵を探したりしましたが、宗教色が強いのでハロウィンみたいに日本では広まらないでしょうね。



ええと、ハロウィンの記録ですが、ほぼお菓子です!記録として一応残しておこうというレベルなのでお見せするのは申し訳ないほどですが、一応全部手作り。


アイシング・クッキー。

ハロウィン・クッキー
去年のクリスマスにアイシング・クッキーデビュー(?)をして、描く楽しさはちょっぴり分かったもののあれからほぼ1年。すっかり忘れてましたがコルネ(絞り袋)をいかに上手に作るかが大事だということは覚えていました。でもなかなかうまくいかなくて~。描くのはわりと好きなのでかぼちゃの顔などだんだん自由に描けるようになりましたが、綺麗な線を引くには技術もだけど準備が必要と再認識。


ハロウィン・クッキー2
おばけたち。線が汚いとお顔もかわいくなくなっちゃう。アイシングの固さとコルネの太さ、次回はうまく調整できるといいな。
アイシング・クッキーの画像をネット検索すると、皆さんお上手でホントため息がでます。練習!あるのみ!


さつまいものタルト。

さつまいものタルト
生地はパート・シュクレ。焼いた当日はほろほろくずれやすかったけど、翌日には落ち着いて食べやすかったです。さつまいものフィリングはただ何段かに絞っただけで見た目がいまいち。。いつかデコレーション教室(そんなピンポイントのあるのかしら?)に行ってみたいわあ~。


抹茶のマカロン。

真っ黒マカロン
これとくにお恥ずかしい代物なんですけど、ハロウィンっぽいマカロンを作ってみたくて。外はたまたま抹茶があったから緑に、中はブラックココアで黒に。本当は黒い部分に目をつけておばけっぽく仕立てたかったんですが、アイシングで目を作るのがうまくいかずただアラザンをつけるだけに。結果的に「銀河鉄道999」の車掌さんを彷彿させる(?)デザインに。妹には「じゃあ目のぶん2つだけつければ良かったじゃん」と言われましたが・・・まあ、はじめから狙ったわけじゃなかったので・・・いつか制帽をつけて作ってみようかしら。
肝心のマカロンですが、ふくらみも足りず割れ目が入り、本来あるべきピエ(縁部分)がほぼありません。マカロンは何年も前に一度作ったきりなので簡単にうまくいくはずもないんですけど、ころっと可愛らしいマカロンを思うと残念です。。原因を探ると、マカロナージュという生地をちょうど良い状態にする作業がだめだったんだろうなあ。ちゃんと練習をしてみて、それでもだめだったらいつか習いにいってみたいなあ。

本音を言うと、お菓子作りはいまにでも習いにいきたいですが、お金と時間を考えるとそういうわけにもいきません。。自宅で食べる程度なのでそれで良いかなあと思ってはいますが、食べることとは一生縁が切れませんから早いうちに教えを乞うのは願ってもないこと。うーん悩ましい。


最後に、壁に現れたおばけ。

パンプキンおばけ
これ、100均で買ったライトをニッチに置いて壁に映し出したもの。ライトのカバーとして絵柄が数種類あって、付け替えて楽しめます。本当は一度に数種類映し出したいですけどね。100均ですからそこは文句は言わず。。

なんと玄関ドアのデコレーションなどいまだハロウィン仕様の我が家ですが、近日中にクリスマスと入れ替えたいと思います。ただの横着ですが、ハロウィン→クリスマス→お正月と切れ目なくイベントが続いている、楽しげなおうちに見えるかもしれません。

ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

cinnajiro

Author:cinnajiro
はじめまして。cinnajiroです。のんびり過ごす休日が好きです。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ショッピング

カテゴリ

ショッピング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR