無患子という木

2016.12.13 21:18|植物
無患子(むくろじ)という木をご存じでしょうか。ムクロジ科の落葉高木で日本を含むアジアに分布しており、寺社などに植えられることが多いそうです。

こちらが無患子の実。透き通った飴色をしており、中に黒い種子があるのがうっすらと見えるでしょうか。

無患子の実
少し前、仕事でお世話になっている方からこの実をいただきました。添えられたカードには「無患子=子が患わ無い」という言葉が書かれていました。私のお腹にいる赤ちゃんの健康を願って地元のお寺で拾ってきてくれたと分かり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。無患子の硬い実は羽子板の羽根の先に使われていますが、その羽根はトンボが蚊を食べる姿を見立てたもので、子どもの健康を願った蚊除けのおまじないに由来するということでした。


今回いただいて初めて実を見ましたが、偶然にも数ヶ月前から「無患子」ってどんな木なんだろうと思っていました。
きっかけは近所の神社で。

無患子の木
こちらがその神社の無患子の木です。樹高が高く全体像は収められませんでしたが・・・「無患子 羽子板遊びの玉、外皮は洗剤」と、木の名前と実の用途が説明されています(飴色の皮には天然の界面活性剤が含まれており、昔から洗剤として使われたとのこと)。以前から主人とよく散歩に行っている神社なのですが、ちょうど妊娠が分かった頃はじめてこの説明書きに気が付きました。「無患子」という樹木自体知らなかった私ですが、妊娠の嬉しさや不安があったためか「子が患わ無い」という字面が気になったのでした。にもかかわらず、どのような木かきちんと調べることもせず月日が流れていたのですが・・・工芸品のような美しい皮に包まれた実をいただいて、いろいろなことが腑に落ちた気がしました。この神社にはいまも1・2週間に一度ほど、散歩とお参りに行っています。


ちなみに実と一緒に可愛らしい靴下もいただきました(こっちがメインなのかも?)。

お揃い靴下
メイド・イン・フィンランドらしい柄!「赤ちゃんとママの健康を祝して!」というテーマで2人分の靴下がセットになっています。


お揃い靴下2
なんだか・・・私にも赤ちゃんにも、履かせるのもったいないなあ。



後日談ですが、実母よりも少し年配のその贈り主に、目をつけていたパン屋さんで食パンを買いお散歩がてら届けました。

食パン
珍しい、食パン専門店の食パン。自分自身買ったことがなかったので、贈り主用・自宅用・実家用と3点をお買い上げ。焼き立てを持って帰って自宅で早速いただきました。


こういう間違いなく美味しそうなパンはバターを少しだけ載せてかりっと焼くに限る!

食パン2
期待通りの美味しさ♪贈り主さんも喜んでくれたかな。

無患子のお話のつもりが、最終的に食べ物の話題に落ち着いてしまいました(^-^;まあいつものことかしら~。

ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cinnajiro

Author:cinnajiro
はじめまして。cinnajiroです。のんびり過ごす休日が好きです。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ショッピング

カテゴリ

ショッピング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR